大阪のご当地丼「牛すじ温玉丼」

牛すじ温玉丼は特製のタレで長時間煮込んだ牛すじと温泉玉子をご飯に載せた丼です。大阪代表として「ご当地どんぶり選手権」にも出場しています。

サイトトップ > 「牛すじ温玉丼」とは

スポンサードリンク

大阪のご当地丼「牛すじ温玉丼」

「牛すじ温玉丼」とは


「牛すじ温玉丼」とは、ゆっくりと、そしてじっくりとトロトロになるまで煮込んだ牛すじに、とろりと黄身が流れ落ちる自家製の温泉玉子をのせた丼であり、大阪府は吹田市千里山竹園にある「精肉屋の焼肉丼おぼや」の人気メニューです。


この「牛すじ温玉丼」に使用されているコラーゲンたっぷりの牛筋は、特製ダレによって何と6時間も煮込んであるそうです。自家製の温泉玉子はこだわりの地卵を使用しています。


「牛すじ温玉丼」の味の決め手は、「おぼや」特製の「おぼタレ」にあるようです。この「おぼタレ」は、手間と愛情をかけて手作りをする母の味をイメージして作ったという特製のタレなのです。


その作り方は当然のことながら企業秘密となっていますが、りんご、唐辛子、胡麻、しょうゆをベースにしたタレであり、時間と愛情をかけてしっかりと仕込んでいるのが分かります。


この特製の甘辛タレは、牛すじや温泉玉子との相性も抜群なのです。牛すじとは牛のアキレス腱のことであり、特に西日本を中心に愛されている食材です。


現在では、コンビニエンスストアのおでんの具として全国的にも広まっているようです。


「牛すじ温玉丼」は、甘辛なタレと温泉玉子の相性が絶妙であり、思わず何杯も食べてしまえそうな味です。牛すじにあまり馴染みのない東日本の人でも、一度食べればすっかり牛すじファンになってしまうかも知れませんね。


大阪のご当地丼「牛すじ温玉丼」

MENU



スポンサードリンク